あきはママ~薬剤師の子育て奮闘記~

ママ薬剤師の子育て奮闘記です。2歳の女の子とNICUに874gで産まれた男の子がいます。妊娠中期、出血。切迫早産→慢性早剥羊水過少症候群。ダブルワークの日々と育児記録、闘病記録を発信していきます(英語教育としてdwe活用中)

DWEを始めたきっかけ②

こんにちは。

 

あきはママです。

 

DWEをはじめたきっかけについて、続きです。

 

 

友人の子ども(Mちゃん)はあきはママの娘より1歳少し上で当時2歳9ヶ月くらい。

 

ベネッセ英語教室→ワールドワイドキッズ

からのDWEにたどり着いたとのこと。

 

Mちゃんはしっかり者で、元からおしゃべりも早かったので、日本語はかなり話せていました。

英単語も簡単なものは2歳半の時点で相当バリエーション多く話せていたのを記憶しています。

 

ワールドワイドキッズで十分なのでは??とあきはママも思っていたのですが、友人いわく、DWEに切り替えたことで

 

『英語の2語文を話すようになったとのこと』

 

ほう!それは一度ぜひどんな感じか見せてー!

 

ということでおじゃますると、

楽しそうなディスク&おもちゃに囲まれて英語をくちずさんでいるMちゃんの姿。

 

これはどんだけイオンで営業かけられるよりも響きました。笑

 

そして確かに、お散歩に行っても

『Go straight』『It's a red car』

とか言っているんです。

 

こら刺激されますわ。笑

 

そして、友人は「Mちゃんはもうこのあたりのディスクは興味ないかも。」

ということで、ありがたくも、

プレイアロング(赤ちゃん~向けの英語を使って遊びましょうという一番やさしいディスク)を貸してくれました。

 

家に帰って旦那に報告。

まだそんなに響いていない様子。

 

しかし、その日から借りたプレイアロングのDVDをかけたところ、、、

 

娘どはまり 笑

 

見る。見る。。集中して見る。

 

そしてDVDをかけろとねだる。

 

(当時娘1歳8ヶ月)

 

今までは『おかあさんといっしょ』や『いないないばあ』の録画を見せていたんですが、その日からほとんどプレイアロングになりました。

 

プレイアロングを借りて1週間、、なおもあせぬ娘のプレイアロング熱

 

これを見た旦那、ついに

 

「DWE、考えよっか」

 

よし!

 

その流れで友人の紹介でアドバイザーさんに連絡。

 

その週末にはアドバイザーさんが自宅に説明に来てくれました。

 

一度乗り気になった人間に対する営業はやりやすかったと思います!笑

 

アドバイザーさんが提示するもの全てが魅力的に見えます。

(あの気嫌いはどこへ笑)

 

色々コースの説明を受け、一旦保留に。

 

夜旦那と話し合い。

 

この当時、DEWのメインプログラムが改新されたばかりでお値段も少しUP(消費税は増税前(8%)で、

 

フルコース 963,360円

 

おっそろしい値段ですよ。2人分のボーナスまるっとさよならですよ。

 

しかし、まあ英語教室に数年かよったらそれなりの値段、しかも2人目が生まれたら一緒にできるし、、、、

でかなり揺らいでいたところに追い討ち。

 

大学時代の別の友人もやっているとのこと。

 

やはり人は身近な人がやっているという口コミに弱い。

 

しかも、友人たちは相当頭が良いと私は判断しています。

 

ただ勉強ができるだけじゃないあの並外れた頭の良さは、

的確な判断力、比較検討能力、要領の良さ、、、

 

某国立大学在学時代、劣等生であった私はただただ感動していました。

そして、彼女たちのおかげで単位が取れ、卒業できました。笑

 

その子達が選んだシステムなら、もうすでにありとあらゆる考察ゆえの判断。

 

大丈夫だろう!!

 

(大事な最後の後押し人任せかい)

 

 

慎重派の旦那も、アドバイザーさんの説明、また長いスパンで見たときの対費用効果について納得したようでOKがでました。

 

そして、翌日さっそくアドバイザーさんに電話をし、我が家のDWE生活が始まりました。