あきはママ~薬剤師の子育て奮闘記~

ママ薬剤師の子育て奮闘記です。2歳の女の子とNICUに874gで産まれた男の子がいます。妊娠中期、出血。切迫早産→慢性早剥羊水過少症候群。ダブルワークの日々と育児記録、闘病記録を発信していきます(英語教育としてdwe活用中)

切迫早産②~ひとまず退院~

こんにちは

 

あきはママです。

 

切迫早産レポ、初めての出血からの入院。その続きです。

 

 

どうやら赤ちゃんに影響のある出血じゃなさそうで一安心して、旦那に報告。

 

かたや、旦那側も娘の寝かしつけに相当てこずった様子。。。

(いつも私が寝かしつけることが大半でした。)

 

泣きながら寝落ちした娘の寝床を抜け出し、ようやく私が汚した物たちの洗濯などを終えたところだったようです。

 

やはり気が気じゃなかったようで、

 

「ポリープみたい。たいしたことないって。」

 

と報告すると旦那もとても安心した様子。

 

看護師さんも最後に

 

「明日の診察次第ですけど、先生あの感じならすぐ退院できそうですね。」

 

と言ってくれたので、2人の間ではもうすっかり安堵ムードでした。

 

 

(後々この出血が長期化することも知らずに。。)

 

 

報告し終えた私も安心して眠りに。。

 

慣れない場所でしたが、個室だったこともあり、ゆっくり寝れました。

 

 

翌日、

 

朝9時頃、昨日と同じおじいちゃんDr.による診察が改めて行われ

 

「うん、もう出血もほとんど止まっているし大丈夫でしょう。

またたくさん出血するようであれば考えましょう。」

 

と言われ、退院OKの指示。

 

よかったよかった。一安心。。

 

昼前には旦那と娘が迎えに到着。

 

胸をなでおろして帰宅しました。

 

 

しかし

 

 

その日帰ってから、やはりいっこうに止まらない出血。。。

 

ソファまで染みた最初の出血よりは量が少ないですが、

明らかに生理3日目くらいのまとまった出血が止まらない。

 

旦那と話し合って、もう一度明日月曜日受診することに。

 

旦那も休みを取って受診に付き合ってくれました。

 

 

月曜日

 

改めて正規の外来の時間に受診。

 

そこの産婦人科では4人ほどDr.がいるのですが、今回もたまたま院長のおじいちゃん先生。

 

出血が止まらないんです。

 

と、伝えると

 

「じゃあ、内診室入って。」

 

と言われ、内診してもらうが、、、、

 

長い。。。

 

そして

 

痛い。。。。

 

かなりの時間が過ぎましたが、Dr.は終始無言で何をしているかこちらにはまったく分かりません。

 

痛さと終わりの見えない内診でしんどくなってきました。。

 

ちょうどそのタイミングで、カーテン越しに看護師さんから

 

「大丈夫ですか?しんどくなっていないですか?」

 

との声がけ。

 

本当は結構きつかったですが、余計なこと言ってDr.の気を乱したくなかったので

 

「大丈夫です。」

 

と言い、必死に耐える。。。

 

長い長い内診がやっと終わり

 

「はい。診察室に戻ってください。」

 

と言われたときにはもうぐったりでした。

廊下で待っていた旦那も、内診室から出てきた私の表情を見て、

 

「え?大丈夫??」

 

と心配そうに言ってくれました。

 

二人で診察室に入ると

 

「昨日言っていたポリープをね。取っておいたから。」

 

 

え???さっきポリープ取ってたんだ!!

 

 

どうりで長かったはずです。。。

 

というか、あきはママも医療従事者なんで、

インフォームドコンセント』の大切さなどは色々国から教え込まれているので。。

 

こんな同意無しにあっさり取っちゃうんだ。。。

 

と、そのとき疑問に感じましたが、

 

でも、もう出血しないならなんでもいいや。

とにかく終わってよかった。。。

 

と、そのときは疲れ果てていました。

 

「今ガーゼ詰めているから念のため明日また外来で来て。」

 

 

と言われ、帰路に。

 

疲れ果てて家でその日はダウンしました。。。。

 

 

その③に続く。

 

 ↓ 愛用葉酸サプリです。よければお試しください。