あきはママ~薬剤師の子育て奮闘記~

ママ薬剤師の子育て奮闘記です。2歳の女の子とNICUに874gで産まれた男の子がいます。妊娠中期、出血。切迫早産→慢性早剥羊水過少症候群。ダブルワークの日々と育児記録、闘病記録を発信していきます(英語教育としてdwe活用中)

切迫早産⑦〜MFICUでの入院生活〜

こんにちは☀

 

あきはママです。

 

納得いかないながらも原因究明のため✨MFICUに入院。

 

入院当日、MFICUは原則周産期の管理が必要な人が入っているお部屋。

 

あきはママ入院時、8人部屋で6人埋まっていました。

 

しかもあきはママのベッドは窓際ではない通路側。。

 

お日様の光大好きなあきはママにとっては気分が沈む一因のひとつでした。。

 

ご飯は、、


f:id:akihamama:20200223215303j:image

↑夕食

 

まあそら大学病院なんで期待はしていなかったです。

第一子のときもここにお世話になってるので、

 

『あぁ、そういえばこんなだったなぁ。。』

 

と逆に懐かしく感じながらモソモソと紫キャベツのよーわからんサラダを食べました。

 

 

そして迎えた夜、、、

 

なにせ、この入院生活夜が辛かったです😭😭

 

MFICUに入院している人たちは、ほぼ皆さん点滴を付けていました。

 

なんで、夜中お手洗いなどに行くとき点滴を一緒に連れて行く音が『ガラガラガラ』

 

&付けてらっしゃるモニターの異常音

(たぶんズレて赤ちゃんの心拍見失ったとか)

 

&定期的に様子を見にくる看護師さんのパソコン乗せたワゴンのこれまたガラガラ音

 

これらが、かなりの頻度で襲ってきます。

 

なにせ6人いるんですから仕方ありません。

 

そういうお部屋ですし。。。

 

ただ、普段あまり物音のない家で寝ているあきはママは、これらの音が鳴るたびに起きてしまいます🥴

 

よって眠りが浅い浅い😭😭😭

 

入院2日目までは夜合計2時間寝れたかな?という生活。。

 

疲労がピークになって、3日目は6時間ほど寝れましたが。。笑

 

とにかく入院で一番辛かったことって、間違いなくこの睡眠障害が挙げられます。

 

あー辛かった。。

 

あと次点でご飯。笑


f:id:akihamama:20200223220124j:image

↑朝食。

(草、汁、飯、乳。笑)

 

しかも、これ上の夕食が夜18時に運ばれてきてから、朝8時まで待ちに待った末での朝食。。

 

めっちゃお腹空いてたので、この草汁飯乳は切なかったです。。。

 

しかもしかも(ご飯次点のくせにめっちゃ語るやん笑)

 

この牛乳、すんごいぬるいんです😰

 

なんで、食事のメニュー表にも

 

『お食事でお困りごとはありませんか?お気軽にお話ください。』

 

って書いてあるから

 

3日目の朝に看護師さんに相談してみたんです。

 

『牛乳がちょっと飲めないんですが、もしかして他のものに変えれたりできます??』

 

「え?それはアレルギーか何かですか?」

 

『いえ、、そういうわけではないんですが、少し苦手です。。』

 

「そういうことなら受け付けられないです(ピシャリ)」

 

 

お困りごと即却下。笑

 

 

いや、そりゃそうです。

 

そんな個人の好き嫌いとか聞いてられない。当たり前。。

 

でも、明らかにこの朝食、タンパク源ほぼほぼ牛乳頼りだし、牛乳飲めないとタンパク過疎になるんだよー!!!

 

そして、そんなピシャリするなら、お気軽に相談とか書かないで。。。笑

 

 

まあ今回は4泊5日だし、、と我慢。

 

 

ちょっとご飯について語りすぎました。笑

 

 

入院中の出血、原因究明ができたか、については次回またじっくり書きます。