あきはママ~薬剤師の子育て奮闘記~

ママ薬剤師の子育て奮闘記です。2歳の女の子とNICUに874gで産まれた男の子がいます。妊娠中期、出血。切迫早産→慢性早剥羊水過少症候群。ダブルワークの日々と育児記録、闘病記録を発信していきます(英語教育としてdwe活用中)

切迫早産11〜慢性剥離羊水過少症候群〜

こんにちは☀

 

あきはママです。

 

だらだら出血(生理4日目くらい)が続くものの、

他には特に変わったことなく、今回も楽勝だろうと思ってた大学病院での診察。。。

 

想像を打ち砕く事態の変化が起きます。。

 

まずエコー。

無口な男の先生が担当。

 

「うんうん、赤ちゃん相変わらず元気ですね。心臓もちゃんと動いてるし。」

 

「···········」

 

やたら無言。

 

でも、あきはママ前の妊娠でもここの大学病院でお世話になっているため、

 

この先生はこういうもんだと知っていました。

 

『ふむふむ。何も言わないということは、やはり順調なんだな。よかったー。』

 

と軽く受け止めていました。

 

しかし、、

 

エコーが終わって、次の診察&内診で担当の女医さんが

 

「さっきエコーした〇〇先生から聞いたんだけど、ちょっと羊水少なくなってるみたいだから見てみるね。

うん、、子宮頚管長とかは問題ないんやけど、確かに。。。」

 

 

『え???』

 

 

『あれ??なんか様子がおかしい???』

 

 

そして

 

「あきはママさん、あのね、おそらくなんやけど、この間からずっと続いてる出血の原因が分かったかもしれない。

 

caos(慢性剥離羊水過少症候群)

 

っていう稀な症状に当てはまっています。」

 

 

「caosっていうのは

 

·原因不明の出血が1週間以上続く

·出血時には羊水量は正常

·明らかな破水の証拠などがなく羊水の量が減っていく

 

っていう3つに当てはまる人のこと言うんやけど、あきはママさんは今ちょうどこの3つに当てはまってて。

 

それで、caosはどうしても早産になりやすいからもう週1回の外来で診てる場合じゃなくなったわ。

 

明日から入院してもらうね。産まれるまで。」


f:id:akihamama:20200301151535j:image

 

『え!!?入院!!???

 

明日から!!!??

 

産まれるまで!!!!???』

 

 

余裕こいていた、あきはママ、突然のことで全然頭がついていきません。。

 

でも、極めて冷静なふりして

 

『分かりました。』

 

と担当ドクターの前では返事するものの、、

 

産むまでって、、

 

その日23w0dだったので、予定日まではあと17週間もあります。

 

正産期までやとしても最低3ヶ月以上。。。

 

いや、しかし、それより先生さっき早産の確率が高いって。。。。

 

 

この日は助産師さんによる妊婦健診もその後に控えていたので、その間に必死でcaosについて検索。

 

出てくるものは、大概、20週台で早産や死産になった学会報告やブログ、、

 

もう不安と混乱でぐちゃぐちゃです。

 

数時間前まで感じていた余裕はどこへ。。。

 

妊婦健診中、助産師さんに

 

「明日から入院なんですね。準備とかいけそうですか?」

 

と優しく聞かれ、

 

『はい、突然のことなんで、驚いていますが、なんとか·····』

 

と喋ろうとしたときに涙腺が突然崩壊しました。

 

『先生に、早産になるかもしれないって言われて。

 

急なことで。

 

心の準備が全然できてなくて。。

 

上の子もまだ2歳なのに、これから長いこと我慢させてしまう生活だと思うと、

可哀想で。。。』

 

ボロボロ泣いてしまいました。

 

助産師さんは優しく慰めてくれました。

 

 

そして、家に帰り、、、

 

 

長期入院に備えて色々準備するも、

 

お腹の子の現状と、

 

明日からの上の娘の生活を思うと、

 

何をしても涙が止まりませんでした。

 

せめて子供の前では泣くまいと思っていましたが、どうしても抑えれず、

 

とにかく涙が溢れてくる。。

 

しかし、上の子のが

 

「ママよしよし」

 

と、頭を撫でてくれるので、

いつまでもシクシクさめざめ泣いてる場合じゃないとなんとか割り切りました!!

 

翌日から入院です!

 

続く