あきはママ~薬剤師の子育て奮闘記~

ママ薬剤師の子育て奮闘記です。2歳の女の子とNICUに874gで産まれた男の子がいます。妊娠中期、出血。切迫早産→慢性早剥羊水過少症候群。ダブルワークの日々と育児記録、闘病記録を発信していきます(英語教育としてdwe活用中)

NICUレポ21〜眼科2回目で大ダメージ〜

こんちには☀️

 

あきはママです。

 

せいちゃん生後1ヶ月1週(修正32週4日〜5日)

 

  

眼科2回目

 

恐怖の眼科診察

 

前回診察本番でストレス大きすぎて、脈が80まで落ちて、徐脈になってしまったせいちゃん。。

 

あれから1週間、、

必要な診察とはいえ、今回はどうなるのか、、母どきどきです。

 

先週と違い、今回はお姉ちゃんもしっかり託してきたので、がっつりせいちゃんに付いていてあげることができます。

 

診察中だけはどうしても席をはずさないといけないけど、、、

その後たくさんギュッとして、頑張ったねと言ってあげたい

 

 

まず準備段階の目薬。大泣きすることなくしっかり点せました。

診察の順番は7人中4番目。

 

せいちゃんと一緒にそわそわどきどきして待機。

 

そして、、ついに、、順番が。。。。

 

我が子の健闘を祈りながら母別室へ。

その間に祈りを込めた搾乳。

 

再び部屋に戻ると、、

そこには目を真っ赤に腫らしたせいちゃん、、

 

なんとか自分をなだめようと、、

 

セルフで母乳綿棒をチュッチュしていました。笑

 

めちゃくちゃでっかいチュッパチャップスなめているような感じ。笑

 

まだ、網膜の血管は伸び始めみたいで、今回見た限りでは異常無し

前回みたいな徐脈も無かったよう。

酸素濃度も最近では最も良い80%で落ち着いている。

 

ほんとうになにより。。

 

ふてくされたようにチュッチュしているその様子に、愛おしさを感じながら、

何回も何回も

『頑張ったね、偉かったね。』

と声をかけました。

 

時間差ダメージ 

しかし、、、

 

眼科診察が終わって、やれやれと思っていた診察約2時間後、、

 

唐突にアラームが

 

あ、またせいちゃんもじもじ動いてSPO2が下がったかな?

 

と思ったけれど、せいちゃんは静かに寝ている。。。

 

???

 

まあ、またすぐ戻ってくるだろ。

 

と思っていたけれど、なかなか戻らないSPO2

 

仕方ないので看護師さんがまた酸素濃度を上げてくれて、95%に。

 

普段は、そこまで上げたら次第にSPO2も帰ってくるんですが。。。。

 

全然安定しない。。。。

 

せいちゃんが起きて、ほんのわずかに手足を動かすだけでも、がっとSPO2が下がってアラームがけたたましく鳴る。

 

?????

 

普段以上に長時間鳴り続けるアラームに不安いっぱい

 

ドクターや看護師さんも

「眼科のダメージが時差で現れたかな?

引きずる子は引きずるから。。」

と言いながらも不思議そうな顔。

 

結局酸素濃度は95%で落とせないまま、せいちゃんにおやすみなさいを言い、帰宅。

 

明日朝来たら何事も無かったような顔していますように。

 

と願いながら。

 

眼科ダメージ??

翌朝、ドキドキしながらNICUの扉を潜る。

 

祈りながら通路を歩いていたけど、、

部屋に入る前から、個室前の大きなモニターがアラームを出しているのがわかった。。

 

部屋に入ると、せいちゃん酸素濃度100%でアラーム鳴らしてる。

 

いつのも担当の看護師さんに聞くと、夜もかなり不安定だった模様。。。

 

せいちゃん。。。。

 

「まだ眼科のダメージが引きずっているんかなぁ??」

 

と看護師さんは言ってくれるけど、、、

そんな感じにはとても見られない。。。

 

 明らかに弱っているように見える。。。

 

せいちゃんがほんの少しでも動くとSPO2の下りが激しく、上下肢差も10以上開くため、

肺高血圧がひどくなっていると判断し、NO濃度が一気に15まで引き上げられました。

 

それでも、一度落ち込むと1時間以上も帰ってこないSPO2。

 

せいちゃんはうつぶせの姿勢がすごく楽なようで、基本的にはそうしてもらっているんですが、、

やっぱりずっとうつぶせし続けているわけにもいかないため、

細心の注意を払って看護師さんが体位移動をしてくれます。

 

その移動後しばらくはぐったり。

 

そして仰向けや横向きになると、ますますSPO2は不安定になるから、せいちゃんの動きを最小限に抑えるため、横でぎゅっと体を包み込み続けます。

 

今、せいちゃんの負担を減らすため、、自分にできることはこれくらいしかない。

 

不安で仕方ないため、夜も帰れず、、

この日はお泊まり。

 

仰向けの時間帯は横でずっと包み、

うつ伏せのときはなんとか仮眠していました。

 

それでも鳴り続けるアラーム。。。

 

不安で不安で

 

せいちゃんに悟られないよう、泣きながら過ごした夜。

 

せいちゃん、せいちゃん

 

ママずっと横にいるからね。

 

 

 

よければ応援お願いします

 

ブログランキング・にほんブログ村へ