あきはママ~薬剤師の子育て奮闘記~

ママ薬剤師の子育て奮闘記です。2歳の女の子とNICUに874gで産まれた男の子がいます。妊娠中期、出血。切迫早産→慢性早剥羊水過少症候群。ダブルワークの日々と育児記録、闘病記録を発信していきます(英語教育としてdwe活用中)

NICUレポ28〜温かいご厚意に支えられて〜

こんにちは☀

 

あきはママです。

 

せいちゃん生後1ヶ月2週(修整32週3日)

 

GW楽しもう週間の最中、私のワガママを叶えるために、、

色んな方が、力を貸してくださったことについて書きます。

 

 

退院した時の用意

せいちゃんがもう厳しいと言われた5/1、

その翌日、急激に悪化方向に向かっていくせいちゃんの横で、

 

もうこのまま退院になってしまうのかな。。。

 

とボロボロ泣きながら考えていました。

 

その時ふと、

 

『せいちゃんの退院の時のお洋服が無い!!

退院してから、お家でせいちゃんを寝かせてあげるせいちゃん専用のお布団がない!!』

 

と急激に焦りが。

 

すぐに買いに行かないと!

 

と思いますが、なにせ緊急事態宣言中

 

大阪含め関西は、もう店という店が何も開いていません。

 

ファミリア

お姉ちゃんの時は、ファミリアの可愛いベビードレスを退院時に着せて、晴れやかな気持ちで病院を出ました。

せめて、せいちゃんにも同じようにおニューのファミリアを着せてあげて、退院したい。

 

しかし、百貨店は全て休業。

頼みの綱のオンラインショップも、短縮業務&GWということが相まって、

発送まで7〜10日かかかるとのこと。

 

なんて迂闊だったんだろう。

 

このままじゃせいちゃん退院の時さえもオムツ一丁になっちゃうの?

 

病院が貸してくれるかもしれないけど、、

 

私、お母さんなのに、なんでせいちゃんのお洋服ひとつも用意できていないの??

 

せいちゃんごめん、せいちゃんごめん

 

 

とてつもなく悲しい気持ちに。

 

しかし、泣いていても始まらない。

 

 

とりあえず注文しなくちゃ。

 

 

オンラインショップで肌着とベビーウェアを選び、、

 

ダメ元で最後の備考欄に、NICUに息子が入院していて、なるべく早くファミリアのお洋服を着せてあげたいという旨を記載しました。

 

それでも、、、オンラインショップの注文たくさん来ているだろうし、

順番通りに処理していって、順番が来るまで鼻腔の存在に気づかないかもしれない。

 

ファミリアの問い合わせ電話先もGWのためお休み。

 

ああ。。。もう本当に仕方ないのか。。。

 

せいちゃん。。。ごめん。。。

 

 

しかし、その後、ふとインスタグラムを開いた時、フォローしているファミリアの公式アカウントがGW中でも更新していることに気づきました。

 

自分がものすごく我儘な客なのは重々承知している。

 

でも、その時は何がなんでもせいちゃんにお洋服を着せてあげたかった。

 

やれることはなんでもしておこうと。

 

かましくも、ファミリア公式アカウントに備考欄と同様のメッセージを送りました。

 

しかし、メッセージの返信は無し。

 

そうだよな。。。やっぱり、、、と思っていました。。。

 

しかし、その翌日、スマホ

ファミリアオンラインショップ:ご注文の商品を発送いたしました。

のメールが。

 

もうすっかり諦めていたので、

そのメールを見たときに号泣してしまいました。

 

相変わらず、インスタグラムのメッセージに返信はなく、発送完了メールも至って業務的な内容だったけど、

ファミリアの誰かしらが、私のメッセージを読んでくださって、対応いただけた結果だと思います。

 

そして、、、7〜10日発送までかかると書いてあったお洋服が、、

5/3手元に届きました。

 

もう嬉しくて嬉しくて。

 

早速せいちゃんの上からかぶせてみました。

 

淡いグリーンの肌着がよく似合っています。

 

水色のベビーウェアも、ぶかぶかだけど、本当に似合っている。

 

  

せんべい座布団

 

もうひとつ、、せいちゃんがお家に帰ったときにいる場所。。

 

どうしよう。。お姉ちゃんが出産祝でもらったせんべい座布団ならある。。

 

f:id:akihamama:20200601184124j:plain

 

 

 

 

でも、ピンクだし、お家帰ったらいっぱいいっぱい写真撮りたいし、、

 

せいちゃんのが無いと💦

 

またものすごい焦り。。

 

お姉ちゃんのせんべい座布団は私の妹からの出産祝い。

私は3人姉妹で、実家にいていつもお姉ちゃんの面倒を見てくれている下の妹のほかに、もう一人、熊本に嫁いだ上の妹がいます。

 

色々頭も回り、機転の効く妹、、

 

もう考える力も残っていなかった私は、妹に甘えまくって丸投げのお願いをしました。


f:id:akihamama:20200601154523j:image

 

結果、、この『分かったちょっと待って』から2時間半後、、

 

私の手元にせんべい座布団がありました。

 

あり得ないスピード手配💦

 

 さすが元某企業の営業成績NO1を取った妹。。

 

 

なぜこんなすぐに手配できたかのか、、、

 

後で聞いたところによると、

 

洛中高岡屋さんのこのせんべい布団を取り扱っているオンラインショップが、ことごとくGW休み、もしくは発送まで結構な日にちが必要な状態。

 

そこで妹は本社のショールームの方に直接購入できないかと電話で問い合わせました。

 

どういった会話が為されたかはわかりませんが、

結果、コロナで臨時閉鎖中だった本社ショールームを特別に開けて販売対応してくださることに

 

しかし妹は熊本にいるため直接購入することはできないため、下の妹が京都のお店まで購入に派遣されたということでした。

 

いつもはオーダーで色の組み合わせを行い、作成されているせんべい座布団なので、

ショールームに在庫のある柄の組み合わせでしか購入できないけれど、、、、

 

ということでしたが、たまたまショールームにあったのが、

半分はお姉ちゃんとお揃いのあられ柄

そしてもう半分がピンクではなく、せいちゃんによく似合う綺麗なブルーの砧青磁色。

 

きっとオーダーしてもそうしたであろうという組み合わせがあったそうです。

 

下の妹への、色柄指定候補の指示はリアルタイムで行われていたそうで、

洛中高岡屋さんへのお礼のお手紙なども即日手配されたらしいです。

 

本当、、仕事力が半端ない。。。

 

そんなこんなで、、

妹たち2人、そして洛中高岡屋さんの温かいご厚意があり、せんべい座布団が手元に届きました。

 

これで、、これでせいちゃんがすぐに退院になったとしても、、、

 

安心して寝ておける、せいちゃんのお布団があるよ。

 

しかも、、、

 

お姉ちゃんとお揃いで色違いの柄だよ。

 

おばちゃんがぴったりの柄を選んでくれたよ。

 

カフカのこのお布団でいつでもコロコロしていいからね。

 

 

たくさんの厚意に支えられて

こうして、私が望んだお洋服もお布団も、緊急事態宣言中に関わらず、すぐに手に入れることができました。

せいちゃんの余命宣言を受けてから、ただただパニックになり、不安と悲しみの中にいた私ですが、

こうして退院になった時の準備が整ったことで、心に安心感が生まれました。

 

世の中が大変な時なのに、たくさん我儘を言いました。

 

それでも、すぐに応えてくれたファミリアさん、洛中高岡屋さん、妹たち、、

遠いところでも、せいちゃんのことを応援してくれて、力を貸してくれる人たちがこんなにいる。

 

NICUのスタッフさんたちも、毎日せいちゃんが楽しく過ごせるように、たくさん色んな試みをしてくださっていて。。。

 

なんてありがたいことなんだろう。

 

なんて恵まれているんだろう。

 

せいちゃんせいちゃん、、、

 

みんなみんな、せいちゃんの周りは優しさで溢れているよ。

 

みんなせいちゃんのことを想っているよ。

 

ママもパパも支えられているよ。

 

本当に嬉しいね。

 

ママ、せいちゃんの分もたくさんたくさんありがとうって言うね。