あきはママ~薬剤師の子育て奮闘記~

ママ薬剤師の子育て奮闘記です。2歳の女の子とNICUに874gで産まれた男の子がいます。妊娠中期、出血。切迫早産→慢性早剥羊水過少症候群。ダブルワークの日々と育児記録、闘病記録を発信していきます(英語教育としてdwe活用中)

NICUレポ45〜生後3ヶ月&NO再開〜

こんにちは☀️

 

あきはママです。

 

6/18

 

せいちゃん生後3ヶ月0週(修正39週6日)

 

 

3ヶ月記念撮影

今日は記念すべき生後3ヶ月。

お写真を撮らないと。

 

実は生後1ヶ月から月齢カードを使ってお写真を撮っていました。


f:id:akihamama:20200902111543j:image

 


f:id:akihamama:20200902111633j:image

 

お姉ちゃんがルルジョのお花柄を出産祝いにもらったんですが、これが使える使える!!

月齢写真が良い感じに残せたので、せいちゃんにも同じシリーズで探してみよう!

と、こちらのカッコいい飛行機柄を選びました。

↓ちなみにお姉ちゃんの

lulujo ルルジョ マイルストーンカードセット Isn't She Lovely

lulujo ルルジョ マイルストーンカードセット Isn't She Lovely

  • 発売日: 2016/12/06
  • メディア: Baby Product
 

 

大きなベッドの空いているスペースにルルジョを引いて、

そこまでせいちゃんをえいや!と移動。

 

少しお怒りだったけど、ご機嫌も取り戻してしっかりお写真撮れました。


f:id:akihamama:20200902111717j:image

 

1、2ヶ月に比べて大きくなったなぁー✨

 

看護師さんが一緒に撮ってもくれて、、


f:id:akihamama:20200902111805j:image

 

そのあとはお写真撮影頑張ったせいちゃんをねぎらって抱っこでゆらゆら〜♫

 

とてもいい感じの3ヶ月記念日💛

 

私も気分上々だったのですが、、、

 

抱っこが終わると、、、せいちゃんがエンエンモード💦💦

SPO2も下がってしまって、、

 

どうしたの??もっと抱っこしてて欲しい??

 

トントンしてても泣き止まず、、

 

あ!オムツが濡れてる!

 

なんだ、オムツだったのか、、

替えると少し落ち着いたせいちゃん。

 

ただ、もう泣き止んだのにSPO2はガクッと下がったまま、、、

 

あれ、、おかしいな。。。

酸素濃度は100%まで引き上げられた。。

それでも上下肢差も10ほど出ているし、下肢80台くらいから全然上がらない。。

 

なんやろう、、

ちょっとてこずっているせいちゃん、、

大丈夫かな、、、、

 

ソワソワして過ごしていると

担当ドクターと看護師さんが

「なんかSPO2上がりきらないね。

ママ、お昼ご飯は食べた?

私たちがしっかり見ているし、一回休憩してごとりあえす飯食べておいで。」

と言ってくださったので、

お任せしてお弁当を食べに家族控室へ。

 

 

NO再開

しかし気になって仕方ないため、10分もかからず食べきり、せいちゃんのところへ戻ると、、

「ママ早ない!?、、でも、良かった。せいちゃん、やっぱりSPO2あがりきらなくて、むしろ下がってってる状態です。」

 

見ると、下肢のSPO2が50台まで下がっている

 

担当ドクター

「このまま低酸素状態が続くのも良くないし、仕方ないので、NO再開しようと思う

今準備しているところだから、ちょっと待ってね。」

 

せいちゃん、、、

せいちゃん自身は目を瞑っていて、顔色が良くない。

 

なんで急に。

午前中は元気に写真撮影したり、抱っこしたり、、

全然平気だったのに、、

せいちゃん、せいちゃん!!!

 

「ママの抱っこが終わったのも寂しかったのかも。せいちゃん寂しがりやだから。

ママ、抱っこしようか。」

 

臨床工学士さんたちが現れ、急いでNOの準備が始まります。

抱っこの準備をしている間に、数人がかりでNOのボンベ&機械を呼吸器に接続してくれていました。

 

最終段階の呼吸器切り替え時だけはバギングと言って、一時だけ手動で空気を送り込む手法に切り替えます。

切り替えの準備が整い、素早くドクターがバギングを行う。

 

私の腕の中で顔色悪く眠っているせいちゃん、その口からバギングにより漏れ出た空気で「キュー、キュー」と音がします。

 

せいちゃんのお声だ。

 

いつも挿管しているため、なかなか聞く機会のないせいちゃんの声が聞こえました。

 

急展開に怖くて怖くて、

頭は真っ白で、

 

でもなぜか考えていたことは

『せいちゃんの声久しぶりに聞いたなー。キューキューって。

可愛い声だなー。』

とふんわり和やかなものでした。

 

NOがつけられ、バギングが終わると、SPO2が見る間に100/100まで回復。

 

NOすごい。。。

 

良かった。。

本当によかった。。

 

このままどうなるのかと。。

 

安心で涙が溢れる。。

看護師さんが背中をさすってくれて、余計にホッとしてしばらく涙が止まりませんでした。

 

 

担当ドクター

「NO切れたのは本当に本当に凄いことだった。

でも、、やはりかなりNOには依存していたから厳しいところがあったのかも。

方針変えて、今度は無理せず少ない濃度で入れながら長期的に切っていこうと思う。

とのこと。

 

ひとまず5ppmでの再開。

再開するとき、NOは病院の持ち出しとなるため、医療用のボンベじゃなくて工業用のボンベになると前に説明を受けていました。

落ち着いてから見ると、予想以上に工業色の強い銀色の物体が置いてある。

 

「NOの機械が減ればこの個室も広くなるね」

と言っていたのですが、、

結局NOの機械は撤去できず(何かあったときのためにと、離脱してからも安定するまでは置いてた)

プラスで工業用NOボンベが現れたので。。

余計手狭になったせいちゃんの個室。

 

まあ仕方ない!新たな相棒と共に、これからまたゆっくりいこうせいちゃん。

 

腕の中のせいちゃんにそう語りかけました。

 

せいちゃん自身はというと、NOが入り楽にもなって落ち着いたのか、ぐっすり。

 

そのままがっつり寝て、抱っこが終わっても、もう泣きはしませんでした。

 

しかし私の方はまだ昼の恐怖が抜けきらずだったので、その日のお姉ちゃんのお迎えはおばあちゃんに急遽代わってもらって、ゆっくりせいちゃん。

 

せいちゃん

今日は色々あってビックリしたね。

3ヶ月記念の日はNO復活の日になったね。

 

ゆっくりでいいからね。

またママと遊びながらゆっくりゆっくり進んでいこうね。

明日は予定日だよ。

せいちゃんの第二の誕生日。

 

何してお祝いしようか✨✨

 

 

 

よければ、応援よろしくお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ