あきはママ~薬剤師の子育て奮闘記~

ママ薬剤師の子育て奮闘記です。2歳の女の子とNICUに874gで産まれた男の子がいます。妊娠中期、出血。切迫早産→慢性早剥羊水過少症候群。ダブルワークの日々と育児記録、闘病記録を発信していきます(英語教育としてdwe活用中)

NICUレポ29〜おつきさまこんばんは〜

こんにちは☀

 

あきはママです。

 

せいちゃん生後1ヶ月2週(修整32週4日)

 

 

母、妹との時間

GW楽しもう期間3日目の5/4。

 

盛りだくさんだった昨日に比べると、今日は比較的穏やかなスケジュール。

 

お姉ちゃんと、私の母&妹の面会です。

 

私の母と妹は、既にお姉ちゃんと一緒に何回か面会に来てくれています。

ただ、いつもお姉ちゃんの付き添いという役回りのため、せいちゃんとゆっくり過ごす時間がなかなかありませんでした。

 

病院に近いということで、せいちゃんが産まれる前までは私の入院生活のサポート、そして産まれてからはNICU通いのサポート(お姉ちゃんのお世話&家事)と、実家にはとてつもなくお世話になっています。

 

コロナの自粛でお姉ちゃんも保育園に通えなかった状態で、これだけ私がせいちゃんに付きっきりになれるのも実家の母と妹があってのことです。

 

サポートばかりしてもらっていた二人にもせいちゃんとの時間をゆっくり取ってほしい。

 

そこで、今日は最初にお姉ちゃんと一緒に来てもらって、お姉ちゃんが限界になり次第、旦那に連れて帰ってもらい、その後はせいちゃんとゆっくり過ごしてもらうことにしました。

 

早速、今日も意気揚々と登場したお姉ちゃん

 

NICUに入ると、

 

「こんにちは。こんにちは。」と、手を振り、看護師さんたちに挨拶しながら個室に向かって進んでいます。

 

謎に行き届きすぎている礼儀。どこで覚えた。。。笑

 

今日もせいちゃんをよしよしして、手を握ってと、ひととおり楽しそうに過ごしていました。

 

ただ、やっぱり長くは持たず、30分もするとベッドの上でジャンプしてみたり、個室の中をうろうろ。

 

ここらで限界かな?と旦那と退室。

 

そこから私の母と妹の時間に。

 

母はずっと、ゆっくり、せいちゃんの髪をとかしながら頭を撫でてくれました。

妹はせいちゃんの歌を作ってくれたので、その歌や童謡を歌ってくれました。

(母は超絶音痴ですが、妹は歌手活動をしているので、いい歌声をしています。)

 

おばあちゃんとおばちゃんとの時間をせいちゃんも楽しんでいるようで、しっかり目を開けてルンルン、キョロキョロ。

 

2人共

「本当に、、せいちゃんしんどいのかな。。

こんなに元気に見えるのに。。。」

 

確かにせいちゃん見るからにぐったり&青白かった5/1〜2に比べると、元気に見える。

でも、、

相変わらず酸素濃度100%にも関わらず、SPO2は50〜70。。

 

せいちゃんの最期が近くまで来ているとしても、、、

せいちゃんが苦しくないのであればそれが1番。。。

 

せいちゃん、おばあちゃんとおばちゃんだよ。

 

2人ともせいちゃんがお腹にいる時から、ずーっとせいちゃんのことが好きで、たくさんたくさんサポートしてくれているよ。

 

おばちゃんが作ってくれた歌はせいちゃんのお歌だよ。

聞こえる?

せいちゃんが聞いて安心するように、ママでも歌いやすいように、

って作ってくれたんだよ。

ママ練習してせいちゃんにいっぱいいっぱい歌うね。

 

 

おつきさまこんばんは

この日、5/4の夜は私がお泊まり。

私でもせいちゃんにしてあげられることはないかな。

 

と色々考えた結果、絵本を読み聞かせることにしました。

 

とりあえず、

 

しろくまちゃんのホットケーキ

・おつきさまこんばんは

 

を持ってきました。

お姉ちゃんもお気に入りだった絵本たち。

 

おつきさまこんばんは、を読んでいると、せいちゃんも目を開けてじっと見ていました。

 

せいちゃん、、、

 

おつきさま、、覚えていてくれる??

 

もし、、もしせいちゃんがお星さまになったら、なるべくおつきさまの近くに行くようにしてね。。

 

ママでも見つけやすいように。

 

おつきさま、覚えておいてね。

 

 

そうしている間に日付が変わり、5/5に。

 

せいちゃん、せいちゃん

 

5/5になったよ。

 

かなり厳しいって言われていたのに。

 

強い子だね。すごいね。せいちゃん。

 

ママ、せいちゃんとの時間とっても楽しく過ごしているよ。

 

ありがとう。

 

お義兄さん面会

楽しもう期間4日目。5/5。

もう、この日までは、、と言われていたため、予定もそんなに無く、

今日のスケジュールも比較的穏やか。

 

旦那のお兄さんの面会です。

 

お義兄さんは三重から。

静岡からご両親がいらっしゃったのと同じく、こんな時期に大阪に来るのは避けたかっただろうに。。。

はるばる来てくださいました。

 

旦那も無口な方ですが、お義兄さんはそれ以上に無口な方。

 

本当に、、ゆっくりした穏やかな時間が流れます。

 

せいちゃんは今日もご機嫌。

 

パパに似た声だから新鮮なのかな。

キョロキョロしたお目々で、辺りを伺っています。

 

お義兄さんも

 

「こんなに元気そうなのになぁ。。。」

 

と、昨日の母、妹と同じことをおっしゃっていました。

 

母乳

私にも元気に見える。。。

 

でも、それは鎮静剤もかなりの量入れているし、、、

せいちゃんが少しでも苦しくないようしてくださっているからなのかな。。。

 

せいちゃんのお腹が昨日あたりから少しぽっこりしてきたなとは思いましたが、、、

 

今日になってかなりパンパンに。。

 

復水だろうとのこと。

 

全身の低酸素状態が続いているから、そういった症状が出てきているのかも。。

 

5/1から1回7ミリだった母乳がさらに減量し1回5ミリに。

 

5/1にお話を受けてから、、、

 

搾乳回数はそれまでの1日7回から4回ほどに減らしていました。

 

搾乳している時間があったらせいちゃんの側にいたかったから。。

 

もし、、、退院になった時、、、冷凍庫にある母乳ストックがパンパンで、、

「どうしますか?」

と聞かれるのが想像しただけで辛かったから。。。

 

1日4回に搾乳を減らしても、、

母乳のさらなる減量で、まだまだ減らないストック。。。

 

母乳パックに詰める気力も、、なかなか起きず、絞っては廃棄していました。

 

でも、たまに母乳綿棒でせいちゃんが搾りたての母乳をチュッチュしてくれるのがとても嬉しかったです。

 

GW入る前、お泊まり生活が始まった時に担当の看護師さんが言ってくれたこと

 

お母さん、これだけは約束して。

・ちゃんと寝る

・ちゃんと水分を摂る

・ちゃんと食べる

それだけ守って、納得いくまでせいちゃんに色々してあげて。

こっちも全力でサポートするから。

 

わざわざ私を追いかけてきてくれて、

目を真っ直ぐに見て、伝えてくれた言葉。

 

ついつい食事や水分補給がめんどくさくなっても、あの目を思い出して、ちゃんと守っています。

 

だから、こんなずさんな管理になっても母乳が詰まることはありませんでした。

 

せいちゃんが母乳綿棒でチュッチュする母乳も、ちゃんと栄養が入っていた美味しい母乳だったから、元気に吸ってくれていたのかも。。

 

せいちゃん、お腹パンパンで苦しいだろうに、ママの母乳チュッチュしてくれてありがとう。

 

ママ、その姿見ているだけですっごく幸せな気分になれるよ。

 

 

よければ、応援よろしくお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ