あきはママ~薬剤師の子育て奮闘記~

ママ薬剤師の子育て奮闘記です。2歳の女の子とNICUに874gで産まれた男の子がいます。妊娠中期、出血。切迫早産→慢性早剥羊水過少症候群。ダブルワークの日々と育児記録、闘病記録を発信していきます(英語教育としてdwe活用中)

NICUレポ18〜体重測定&お引越し

こんにちは☀

 

あきはママです。

 

せいちゃん生後1ヶ月0週(修整31週5d)

 

 

体重測定

毎週水曜日は体重測定

 

この頃の週間スケジュール

 

水、金、日→体拭き

火→眼科診察

水→体重測定

 

です。

  

せいちゃん最初から少しでも動かすと呼吸状態が不安定になっていたことから、

生後最初にまともに体重測定したのが生後3週間後。

 

出生体重(26w5d):874g

生後3w(29w5d):972g

生後4w(30w5d):1049g

 

せいちゃん母乳に関しては絶対にお残し無し。

 

生後5日まで:1ml×12回

生後6日〜12日:2ml×12回

生後13日:3ml×12回

生後14日:4ml×12回

生後15日:5ml×12回

生後16日:6ml×12回

生後17〜19日:7ml×12回

生後20日:8ml×12回

生後21日〜26日:9ml×12回

生後27日〜:10ml×12回

 

↑やたら細かくすみません💦

 

最初は呼吸状態の安定を優先していたため、

母乳もなかなか増えず、体重も微増でしたが、

最近はぐんぐん母乳も増えているし、見た目にも大きくなっているのがはっきり分かります。

 

なので、体重測定は地味にわくわくの母。

100gくらい増えて1150gくらいになっていないかなー、、

 

保育器に体重測定機能が備わっているため、

測定方法については、保育器の中でせいちゃんを少し抱っこするだけでOK。

 

いざ!

 

結果 1240g!? 

 

え???

 

看護師さんと目を合わせ、、さすがにミスやろと、テイク2

 

1204g

 

いやいや!それでも多いって!テイク3

 

1194g

 

・・・・・・・

 

せいちゃん!!よく成長した!!!

 これだけ測り直したら増えているやろう!

 よくぞ1週間に約150gも成長したよ。

 

せいちゃんは今スクスク成長して、肺を成熟させていくのが一番の使命だから。

 

バッチリや✨✨

素晴らしいよせいちゃん✨

 

昨日の眼科のダメージも無く、安定。

 

NOを離脱することに失敗してから、今度は酸素濃度を下げてみる方針になり、調子が良ければ70%まで落とせる時間も出てきました。

 

せいちゃん、素晴らしいよ。スクスクと、このまま大きくなっていこうね。

 

 お引越し

それは、いつものように夕方のケアに参加させてもらい、帰宅しようと思った時、急に告げられました。

 

お母さん、明日もしかしたらせいちゃんお引越しするかもしれない。

 

???

 

それ以上は特に何も言われず、「〜かもしれない」ということだったので、

こちらも深くは聞かず、帰宅しました。

ここのNICUは個室とオープンスペースの2種類あります。

個室は寝ることもできるソファや搾乳するときのためのカーテンなどもあり、かなり自由度高め。

オープンスペースは見渡せるように保育器がいくつも並んでいて、見る限り、面会は横に椅子を置いて行う感じ。

 

状態が安定すればみんなオープンスペースに移動していくのですが、

せいちゃんはまだまだそんな状態には見えません。

個室にしばらく居座るつもり満々だったため、部屋の中はすっかりせいちゃん仕様。

 

壁一面に写真、頂いた出産祝いの物とかもどどんと飾ってあります。

そんな中、寝耳に水のお引越し宣言。

 

一体どこへのお引越し???

 

とソワソワしながら翌朝行くと、担当ドクターから

 

「お母さん、やっぱりお引越しすることになったわ。

隣の個室に。

お昼から移動するし、すごく申し訳ないんだけど、、、

壁のお写真とか、お母さんの方で移動してもらうか、やっていいならこちらで

動かしてもいい?」

 

引越し先 “隣の個室”

 

なぜ!!?マイナーチェンジすぎる!!!

 

しかし、その日はせいちゃん以外もたくさんお友達がお引越ししている様子。

少しばたついているため、理由については深く聞けず、、、、

 

とりあえず、写真どうにかせな💦

 

と、必死に作業。

 

その後私がお昼休憩を取っている間にお引越しはつつがなく完了していました。

 

何の設備変化も無いように思える隣の個室。。。

 

強いて言うなら壁紙が変わった。。

 

こっちの壁紙の方が写真が映えるなあ。ラッキー。。。

 

とか思いながらも、頭のなかは『なぜなぜ??』がまだ渦巻いています。

 

え??こっちの個室の方がスタッフの目線が届きやすい気がする。。

もしからしてせいちゃん私が気づかないところで容体悪化していて、管理が必要になった??

 

とか、なぜか悪い方悪い方に考えてしまう。。。

 

あんまり一人でモヤモヤしていても仕方ないから、夜落ち着いた頃に看護師さんに思い切って理由を聞くと

 

「時代の流れで。。。万が一新型コロナ関連の赤ちゃんが来た時、奥の個室を使おうと思うんだけど、せいちゃん奥から3番目の個室で、少し近かったから。

せいちゃんは肺機能が不安定だし、少しでもリスクを減らしたくて。

このご時世、いつそういった赤ちゃんが来るかわからないから、早めにお引越しさせてもらったの。」

 

なるほど。。。。

 

このご時世。。。

 病院もありとあらゆるリスクに備えないとやもんなぁ、、

そして、本当に万が一のことまで考えてせいちゃんへのリスク対策までしてくれて。。。

 

今現在、人類の中で肺機能再弱者とも言えるせいちゃん、、、

助かるなぁ。。。。

 

非常に納得&感謝のお引越しを終えて、個室のセッティングも再びバッチリ。

 

せいちゃん、新しいお部屋でまたママとパパとゆっくり成長していこうね。

 

ブログ村、久しぶりにリンク復活させました。

よければ応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ