あきはママ~薬剤師の子育て奮闘記~

ママ薬剤師の子育て奮闘記です。2歳の女の子とNICUに874gで産まれた男の子がいます。妊娠中期、出血。切迫早産→慢性早剥羊水過少症候群。ダブルワークの日々と育児記録、闘病記録を発信していきます(英語教育としてdwe活用中)

NICUレポ19〜自宅に一時帰宅&浮腫〜

こんにちは☀

 

あきはママです。

  

せいちゃん生後1ヶ月0週(修整31週6日〜32週0日)

 

 

久しぶりに自宅へ 

今日はせいちゃんが生まれて初めての試みを実行させていただきました。

 

京都の自宅へ一時帰宅 

 

実はせいちゃんが生まれてから、私だけ退院した直後、2日間は京都の自宅におりました。

娘も保育園に預けて、保育園に行ってくれている時間帯にせいちゃんのところに通おうと計画していました。

 

しかし、、あっという間にせいちゃんの容態が悪化して、、

 

結局、退院後3日目には、病院近くの実家へ、娘と一緒にお世話になることに。。

 

それからは、

パパが “自宅メイン、週末一緒に実家”

という感じで動いていたので、自宅のメンテナンスはしてくれていました。

 

しかし、3/25の退院から、自宅に帰らない日が1ヶ月経つと色々と困ったことも、、

 

まず娘と私の服が明らかに世間と違う。

 

暑い。。

しかも週間天気予報で1週間後には夏日とか言ってるんで、、もはや限界は明らか。。

 

夏服に衣替えしないとまずい!

 

しかも退院直後の帰宅のときは、まだ帝王切開の傷の痛みもあり、

日常生活を送るのにいっぱいいっぱいだったため、、

その前の1ヶ月切迫早産入院期間から、積もり積もった家のタスクが全部放りっぱなし。

 

生協のチラシそろそろ止めなきゃ。。(まあまあ大事)

中止になった、ガラピコぷーのコンサートチケット返金手続きしなきゃ。。(忘れんうちに)

会社の人事台帳とか、、、育児休暇申請書類出さなきゃ。。(結構急務

 

せいちゃんも落ち着いているし、、ついでに言うと結婚記念日だったりするし、

で思い切って帰らせてもらいました!

 

久しぶりの自宅に感動したのは、私よりも娘だったよう。。

 

帰るなりお気に入りのおままごとセットや人形なんかを引っ張り出して、やいのやいの喋りながら大はしゃぎしていました。

 

もちろん、実家の方でも色々おもちゃもあるし、おばあちゃんたちもとても良くしてくれているんだけど、

 

やっぱり2歳とはいえ、住み慣れた我が家とおもちゃが安心するよね。

 

せいちゃんと一緒に立派に戦ってくれているお姉ちゃん、、ありがとう。

 

せいちゃんの夕方のケアまで見ていたことで、帰宅が遅くなってしまったため、

その日はお姉ちゃんの好きなトマト鍋🍅

 

なかなかライトな結婚記念日ディナーやけど、一緒に食べれて何より。

 

その日、久しぶりの自宅のお布団、、

いつもの慣れたふわふわの布団、、、

 

でも、なかなか寝れない。

寝てもすぐ起きてしまう。

 

朝旦那に聞いたら、また何かたくさん寝言を話しまくっていたよう、、、

 

どうしてもせいちゃんのことが気になって仕方なかった。

実家にいたとしても、病院に行っている時間帯ではなかったんだけど、、、

 

病院から距離が離れているというだけで、隠せない不安、、

 

まだ、どうしてもママも安定しきれていないみたい。。。

 

早くせいちゃんに会いたい。

 

 

せいちゃんの容態

翌日、なんやかんや出発に手間取った&こんな日に限って実家の洗濯機にオムツ紛れ込み事件発生。。。

 

絶望のポリマー回収を行なっていたため、病院に着いたのはお昼過ぎでした。

 

せいちゃんごめん、、、

 

せいちゃんが退院して10時のケアに間に合わなかったのは初めてだったので、先生も看護師さんも何かあったんじゃないかとビックリしていました。

 

せいちゃんは全体的に少し浮腫が出てきたため、利尿剤の追加と、また血液製剤を再開することに。

 

浮腫があるせいで、酸素が行き渡りにくくなり、SPO2が落ちがちとのこと。。

 

確かに、絶好調だった数日前と比べて、アラームが鳴る頻度が増えた。。

 

調子良いときは70%まで落とせる酸素濃度も、少し動いたらすぐSPO2が下がるので、

結構頻繁に90%くらいまで上げないといけなくなっている。。。

 

少し胸がざわざわしていたけど、

そうか、、浮腫のせいだったのか。。

 

それならよかった。

せいちゃん、浮腫取ってもらって、スッキリしたら肺も楽になるかな。